正しいダイエット

正しいダイエットというものは急に痩せられるものではありません。

急激に痩せることは身体への負担が大きくなり、その結果、リバウンドしやすく、太りやすい体になります。リバウンドしにくい体作りから始め、健康的に痩せるためにはバランスの摂れた食生活、有酸素運動、ストレッチ、筋トレ、腸内環境の正常化、睡眠の質を変えて、少しずつ努力を重ねていかねばならない。

水分補給にダイエットの期間は炭酸水のレモン味やグレープフルーツ味などの柑橘系を飲むようにしてます。

できるだけ食事は野菜中心にして、たんぱく質の肉や魚も取りながら買い物に行き、自分で料理をするようにしています。ダイエットに効果的な乳酸菌ドリンクやヨーグルトを食べ、便秘予防するようにしています。自分の足を使い、ウォーキングをできるだけしながら歩くようにもして体重が減るように心がけています。

日々体重もはかり、体重をノートに記載することでダイエットのモチベーションが上がるようにもしています。

昨年末くらいから、不健全な生活がたたりお腹がぽっこりと飛び出てしまいました。

それまでは着れていた細めの服がみっともなくて着られません。そこで、炭水化物をできるだけ摂らないようにし、家に帰るときはあえて一つ手前の駅で降り、歩くようにしています。

休日であっても必ず散歩することに決めました。確かに徐々に体重は落ちていますが、落とす時には困難で太るのはとても簡単。ダイエットがいかに難しいかを痛感しています。ダイエットの成功に必要なのは、お腹の調子を整えることだと思われます。

つまり、食べたものが腸内にある時間が長いほどその分体に吸収しようとする作用が人間にはあるように思います。
食事を取らなければ痩せますが、排便もなくなります。食事から摂れない分の栄養を、腸内のものから取り込もうとする反応が起こるからだと思われます。ですので、腸内環境を整えスムーズな排泄が毎日なされれば、自然にダイエットになると思います。

ダイエットするためには食事の栄養バランスを考慮し、効果的な運動をすることが大切です。

運動しなくても食事を極端に抜くダイエットは一時的には効果が出ますが、リバウンドする可能性が高くなります。甘いものや脂っこいものは控え、低カロリー高たんぱくなものや食物繊維の多いものを摂取し、継続して運動をする生活を続けるのが理想です。筋肉は脂肪より重いので、運動を開始しても始めは体重変化が見えにくいですが、筋肉量が多くなるほど、脂肪を消費しやすくなり、体が引き締まり、太りにくくなっていきます。
うまくダイエットするためには偏りがあってはいけません。

食事と運動、どちらかを全くしないなどでは一時的に痩せたとしても、やがてリバウンドしてしまいます。炭水化物は少なめにして、タンパク質を取ったり、栄養価の高い野菜を食べたりと栄養を考えた食事をとった上で適度な運動をすることで、リバウンドに陥りにくい健康的な体に仕上げることが出来るでしょう。ダイエットは女性の永遠のテーマだと思います。
誰でも綺麗な体系を維持し、若々しくいたいと心の内では願っているはずです。

でも、ほんの少しの気分の緩みですぐに挫折してしまう人が多いのも事実かもしれません。まず、真剣に痩せたい!と考えているのならその気持ちをキープするために、目標となるスレンダーな人の写真や切り抜きを毎日目に入るところに貼りましょう。

一番おススメは冷蔵庫の扉の前です。
甘いものをちょっとだけ、ジュースをちょっとだけその気持ちをセーブする強い味方になるはずです。
夜8時以降の飲食はできるだけ避けています。それが困難な時は、就寝に時間前には飲み食いしていません。
晩御飯はおなかいっぱい食べないように気を付けています。
また甘いものは午前中に食べるよう注意しています。買う際にも、少量のものか、小袋に分けて入っているものを選びます。
午後のおやつは一口サイズのものを食べるようにしています。運動は得意でないので避けていますが、近距離であればなるべく歩くようにしています。
ダイエットをしたいと思うことが無い女性はほとんどいないでしょう。私も思春期からずっと体重を気にしている一人です。テレビやネットでは連日のようにダイエットに関する情報を見ていますが、情報過多でどれを読めばいいのか分かりません。

どの方法を試すにしても、健康的な体を保てなければ、生理周期が乱れたり、骨がやわくなったりするので、無理をせぬよう取り組むようにしましょう。

ダイエットに関しては無茶をせず続けていくことが大事です。ポイントは食事と運動のバランスです。特に食事には気をつけてください。

バランスの崩れた偏った食事にすると、かえって、その反動がきて好物に手を出してしまうことが起きるので、リバウンドしがちになります。美容にも悪いです。炭水化物を少し減らすとか、肉ではなく魚に変更するとか。
高タンパク+低カロリーはダイエットに欠かせないものです。カロリミット効果を薬剤師が解説